ノエチカについて(会社紹介)

a.top.g

ノエチカの社名の由来は、

『ノ』は、能登(現在の石川県北部)

『エチ』は、越前(現在の福井県)、越中(現在の富山県)、越後(現在の新潟県)

『カ』は、加賀(現在の石川県南部)、金澤

を示し、これらの地域において、

展覧会やアートプロジェクト、地域活性化の支援などの『まち』への取り組みと、

研修会やセミナーなどの人材育成及び組織化などの『ひと』への取り組みを、

展開し、北陸地域の活性化に取り組みます。

bar

goaisatsu.g

量の時代から質の時代へ、新幹線開通も控え金沢・石川・北陸は地域づくりにおいて大きな転換期を迎えています。

国際化や情報化の大波の中でいかに地域が輝けるか。

それは、この北陸の地域だからこそ残って来た資産にスポットをあて、

その本質を読みとき、現代のリズムで再構成し、表現・発信することが重要と考えます。

同時に、「文化は人が創るもの」であります。まちを動かす力のある「ひと」を育て、

互いにぶつかり合い反応し合う中で、国際的に通用する新しい文化価値が生まれます。

地域の新しいシーンを織る、シーンを織る過程でひとが育つ。私たちノエチカにどうぞ、お気軽にお声掛けください。

bar

staffprofile.g

ura02代表取締役 主宰

浦 淳 / Jun Ura

1966年金沢市生まれ。大阪工業大学建築工学科卒業後、㈱大林組を経て、1993年㈱浦建築研究所入社。2006年に同社代表取締役社長に就任すると共に、経済人や学識者の仲間とまちづくりNPO法人趣都金澤を設立、理事長に就任。他に、㈱浦設備研究所代表取締役、日心企画(大連)有限公司董事長、㈱金沢建築企画代表取締役、金沢市まちづくり会議委員、(公社)日本建築家協会北陸支部石川地域会副代表幹事、石川県インテリアデザイン協会副理事長、(社)金沢経済同友会、金沢・加賀蒔絵振興事業協働組合理事、NPO法人金沢クリエイティブツーリズム推進機構理事などを兼務。

 

 

tanaka01代表取締役 社長

田中 敬人 / Takahito Tanaka

1970年白山市生まれ。名古屋商科大学産業経営学科卒業後、㈱北國新聞社を経て、1996年白山建設㈱に入社。2005年に取締役副社長となり現在に至る。2010年に㈱サンアールホールディングス代表取締役に就任。その他、2007年に浦淳氏が理事長を務めるNPO法人趣都金澤に入会、2009年に専務理事に就任し現在に至る。2010年度(公社)金沢青年会議所理事長、2013年度金沢ひかりライオンズ理事、2013年度金沢市PTA協議会会長、2014年石川県PTA連合会副会長など。

 

 

takayama02ディレクター

高山 健太郎 / Kentaro Takayama

1982年大阪市生まれ。高校卒業後2年間アメリカ・ニューヨークへ語学留学。ニューヨーク市立大学ハンター校付属語学学校修了。2004年~2011年まで公益財団法人福武財団にて「地中美術館」、「豊島美術館」などの運営・管理や、「瀬戸内国際芸術祭2010」、「NAOSHIMA STANDARD 2」などの企画展に従事。2012年~2013年までstudio-Lに参画。主な仕事に、「水都大阪フェス2012」、「府営公園泉佐野丘陵緑地」などがある。2014年に金沢に移住。現在、株式会社ノエチカ、ディレクター。主な仕事に、「金沢・世界工芸トリエンナーレ台湾巡回展」などがある。

 

bar

companyprofile.g

社名   株式会社ノエチカ

英文社名 Noetica, Inc

設立   2013年4月15日

所在地  〒920-0993 石川県金沢市下本多町六番丁40-1

資本金  400万円

代表取締役主宰 浦 淳

代表取締役社長 田中 敬人

 

bar
大きな地図で見る